Stratasysが選ばれる5つの理由

業界を牽引する、3Dプリンタのパイオニア

1988年、ストラタシスが熱溶解積層法(FDM ®)を開発。その特許を取得し、3Dプリンタが誕生しました。FDM方式は現在も、PolyJet ™方式とともに世界中の3Dプリンタのトップシェアを誇る主要な造形方式となっています。


2002年には、世界で初めて価格を30,000ドル以下に抑えた3Dプリンタ「Dimensionシリーズ」をリリース。さらに2012年、旧オブジェット社により7種類のマテリアルに対応した初のデスクトッププリンタが誕生。3Dプリンタの歴史を切り拓き、その普及と活用シーンの拡大に大きく貢献してきました。

累計出荷台数10万台以上 世界No.1のシェア

3Dプリンタの技術革新とマーケットの拡大を担ってきたストラタシス。
圧倒的な実績は、Fortune500をはじめとする世界中の企業やプロシューマーに選ばれてきた信頼の証です。

日本国内でも 販売20年以上を誇る実績と信頼

アメリカで生まれたストラタシスは、日本においても1992年から販売を開始。
代理店とのネットワークを構築し、確かな実績と信頼を積み重ねてきました。
これからも、日本のモノづくりとビジネスに、さらなる貢献を果たしていきます。

安定した機器と材料供給 安心の技術サポート

3Dプリンタの造形に用いる材料は、すべて国内出荷対応。安定したスムーズな材料供給を可能にしています。もちろん、技術サポートスタッフも国内に常駐しているため、導 入にあたってのサポートや導入後のメンテナンスもご安心ください。
また、ストラタシスのプロフェッショナルなサポートをご活用いただくことで、オンサイトトレーニングなども受けることができます。

グループネットワークによるシナジー効果

それぞれに特長を持つストラタシスグループ各社がノウハウを共有し、グループとしてのシナジーを発揮しています。
たとえば、RedEyeでは幅広い分野のお客様から造形品のコンサルテーションや出力を請け負うと同時に、造形に伴うニーズをキャッチし、ノウハウを蓄積。その成果をストラタシスの3Dプリンタ開発にフィードバックさせています。

3Dプリンタがさらに詳しくわかる
資料をご用意しました。

3Dプリンタについてさらに詳しく学べるホワイトペーパーと、様々な業界での詳しい導入事例集をご用意いたしました。
是非この機会にご登録いただき、最新情報をチェック!

ページトップへ戻る